« 美味しく食べられることの幸せ… | メイン | 暦の上では「雨水」春の響きはまだ遠くて… »

2014年2月18日

メインの道路に雪は少なくなっても周りはまだまだ雪景色…

半年に1度の定期健診の為に涌谷のT眼科へ向かう途中の雪景色です。

メインの道路の雪は無くなっていますが…私たちの周りの田畑はすべて見事なほどの雪景色です。

青い冬空が広がっていますが、昨日も今日も風がとても冷たくて、耳が痛くなり、外へ出ると身震いをしてしまいます。

この寒さはまだもう少し続きそうですね。

東北地方の木曜の天気予報には大きな雪マークがつきました。

ギャラリーの裏口には日が当たらないので…カチンカチンの凍り付いた所があってとても怖いので午前中にシャベルを出して氷を壊してみました。

だいぶ歩き易くなりましたが、凍り付いた道は滑って危険ですから…慎重に慎重に気を付けて歩くようにしていますが、雪が積もってしまいますと危険度は増すばかりです。

今回の大雪の被害は想定外だったようで…普段あまり雪が降らないところでの積雪には苦しめられた人々が多かったようです。

あと1ヶ月の辛抱だとは思いますが…今年の雪には悩まされた人々が多かったですし、事故なども多かったようでした。

天候不順や想定外の被害に振り回される2014年になりそうで…私たちの不安は増すばかりのようです。

大自然の中で息づいている私たちは、自然が持つ力の脅威には歯向かえないことを十分に知っているつもりですが…今回の大雪にもその力の凄さを見せつけられた思いがして怯んでしまった私です。

今日のガンディーの言葉「全て、神に属している時、我々は何を差し出したら良いのだろうか。」

投稿者 jizai3 : 2014年2月18日 15:56

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)