« 最高の五月晴れの下で… | メイン | フランク永井さんがご縁で知り合った方たちの情熱に魅せられて… »

2014年5月24日

年金積立金の管理と資産運用は、今、どうなっているのだろうか?

道端の草も先日の雨でとても元気になったようです。

緑の色が一段と濃くなったようです。

先日、或る方といろいろ話をしていましたら、その方が「安倍政権は、年金基金の資産運用についてハイリスク・ハイリターンのものを勧めようとしているようだね!消えた年金のことや、グリーンピアの件はもう忘れたらしい…心配だね。」と話していました。

私たち国民の年金は、現在どのように管理されて、運用されているのでしょうか?

年金だけが頼りの高齢者の生活を不安にさせるような事だけはしないでほしいと思います。(年金の減額は仕方ないと思っているのですから...)

2012年度の年金基金資産運用は過去最高の収益額になったということは以前の報道で私も知っていたのですが…年金は是非堅実な運用で少額でもいいから増やしてほしいと思います。

ハイリスク・ハイリターンのものは年金には合わないような気がします。

安倍政権は、自らが打ち出した三本の矢の成長戦略の成功を狙っているのでしょうが…安全保障問題に関しても、原発問題に関しても、今回の年金積立金資産運用に関しても、危なげなさを感じます。

何処となく不安定感があって心配です。

事を急ぎ過ぎるような気もしますし、協議の過程に疑問を感じることが多くて…心配でたまりません。

自分が思っていた日本とは異なる国になってしまうような気がして不安なのです。

安倍首相は、戦後の日本の復興と発展の中心に日本国憲法を置かず、まるで2011年の原発事故など無かったかのように振る舞い、消えた年金など重要な社会保障問題なども軽視して、自分のやりたいことだけを最優先に考えて…どうやら、喉元過ぎればというような思考回路をなさっているようで、過去の重要な問題を軽く考えて、ご自分が考える安倍原理主義だけを貫こうとしている方のように思えてならないのですが…

もうそろそろ本気で国家として財政再建を考えなければいけない時だと思いますし、戦後の日本が大切に守り通してきたことを尊重する気持ちを忘れないでほしいと切に願っている私です。

今日のガンディーの言葉「もしも、関連性が無ければ重要性のあることであってもその重要性を失います。どんな小さなことであっても、関連性のあることは重要性なのだということです。」

投稿者 jizai3 : 2014年5月24日 11:16

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)