« 私が良く知っている秋空が… | メイン | 大崎市松山文化丁区「敬老お祝い会」おめでとうございます! »

2014年9月14日

相変わらずの天候不順の予報に…

本日の朝も大崎市松山地域上空にはきれいな秋空が広がっていますが…天気予報は、相変わらずの天候不順を伝え、今日も午後からの急激なお天気の変化を予報しています。

昨日の午後には、大崎市松山地域には少しだけ雨が降りましたが…大荒れの天気になることはありませんでした。

しかし、少し離れた古川地域では40分間ほどすごく強い雨が降ったそうです。「どうなることかと不安になった」と、いう方の話、今聞いたばかりの私です。

局所的な大雨の被害はいろいろな所で起きていますので…本当に心配です。

被害に遭った人のことを考えますと胸が痛みます。

東日本大震災後の私は「有限性」のことを良く考えるようになりました。

土砂災害の様子を見たり、洪水の映像を見たりするたびに、人の命には限りがあるのだなとつくづく思います。

先のことは解りませんし、不安な出来事も多く…あの日以来いつも心の奥底に得体の知れない不安を抱えているようで憂鬱なのですが…よくよく考えてみますと、不確実性の中を生きている自分を強く自覚する機会があって、これまで無自覚で生きていたことを意識するようになったからだということに気づかされました。

限りある自分の人生を如何に生きるべきかということを時あるごとに考えるようになりました。

そして又、気づかされることは良い事だと思って、今まで深く考えなかったことをしっかりと考えて生きなければと思うようになったのです。

こんなにもきれいな秋空が急変する自然の力の凄さを、軽く見ることなく、私たちはこの大自然の中で生かされているのだということを忘れることなく、謙虚さを失わず、人間性を高めるようにしながら年を重ねたいと思っている私です。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 2014年9月14日 11:13

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)