« スーパー台風19号は朝9時には三陸沖で温帯低気圧に | メイン | 暴走したら制御不能になってしまう税の秩序の乱れは原発事故と似ているような気がして… »

2014年10月15日

第6回「フランク永井歌コンクール」へ向けての準備は着々と…

Blog写真は、自在窯&ギャラリーの入り口に立てられた歌コン開催の駐車場を示す看板です。

今日は歌コン実行員会の男性の方たち数人が、大崎市松山地域内の18日・19日の歌コン開催の駐車場になっている場所にライン引き、立て看板を取り付ける作業を行いました。

台風一過の青空が広がる中での作業でしたが…週末までは雨マークはついていませんでしたので、本日の作業となったようです。

昨晩は最終の打ち合わせ会を行い、18日予選会・19日決勝大会へ向けての準備は着々と進みつつあるようです。

それでも、忘れ物をしているようで不安だという声が上がっています。

二重三重のチェックを怠らないようにして出来るだけ多くの人々との共通認識を深めて第6回歌コンの成功を信じて頑張ろうという気持がとても強くなっている私たちです。

明日は準備物などの搬入が主な作業で、明後日はいよいよ会場づくりとなって…その翌日には予選会を迎え、そして、決勝大会・第6回「フランク永井歌コンクール」を迎えるのです。

今日は、午後12時51分頃に宮城県沖を震源とする地震があり、私たちはその時に隣町のスーパーに居たのですが…店内放送が流れました。

やや強い地震という事でしたが…殆ど揺れは感じませんでした。

「揺れが強くなる時には店内にいる従業員の誘導に従って下さい。」と、いうアナウンスが流れましたが…お客さんたちは地震なの?という顔をしていました。

すぐに揺れはおさまったようでしたが、大崎市の震度は3涌谷町は震度4の揺れを観測したそうです。

夕方に聞いた話ですが今日の昼の地震ではゴーという地鳴りが聞こえてから揺れたという話でした。

「地鳴りがした割には揺れが小さかった」と、主人の同級生Oさんは話してくれました。

東日本大震災後の日本列島は、確実に自然災害に見舞われることが多くなってきています。

あれだけの大きな揺れを体験したのですから、震度3や4では驚かなくなっている私ですが自然がもたらす天変地異には無抵抗の姿勢でじっとして唯々通り過ぎることを待つしかない無いと、とても謙虚な気持ちになっている私なのですが

先のことなどは、誰も解らないのですから一日一日を大切にしながら、かけがえのない人たちと一生懸命に楽しく生きるのが一番と思い、日々の充実感を大事にして生きて行きたいと思った私でした。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 2014年10月15日 14:57

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)