« 今夜は第6回歌コンの打ち上げ懇親会 | メイン | 人の言行には中庸が大切と思う出来事に遭遇して… »

2014年12月 1日

今年最後のカレンダーをめくって…

今朝は、今年最後のカレンダーをめくった私ですが…つくづくいつもの日常の大切さを噛みしめました。

早いもので今年もおしまいですね。

いろいろなことがあった1年があっという間に過ぎ去って行こうとしています。

もうすぐ国民的には意味不明な選挙が行われようとしていますが、700億円もかけて行う必要性が見つからずに無駄遣いとしか思えない今の政治に幻滅を感じながらも国民に与えられた権利を行使することに懸命に何らかの意味を見い出そうと思っている私です。

もう少しの前の自民党は王道を歩む政権とばかり思っていただけに…非常にがっかりしています。

「消費税は、全額を社会保障に」と言っていたはずです。

社会保障はどうなってしまうのでしょうか?

安倍首相は「次はどんなことあっても消費税は必ず上げる!」と、断言していますが…その言葉を心から信じている国民は少ないと思います。

今現在出来ないことを約束出来るのでしょうか?

未来へのツケは膨らむ一方で、子どもたちの未来を暗いものにしてしまっても安倍首相は平気なのでしょうか?

安倍首相には、異次元的にまで膨らんでしまった借金地獄から抜け出ることを本気で考えてほしいと願っています。

非常に残念なことですが…現政権は、私には戦後最悪の政権に思えてなりません。

一強多弱の政治の歪みが安倍政権を傲慢にしてしまったのだと思います。

でも、この政権を選んだのは日本国民ですから…誰もこの責任から逃れることは出来ないと思います。

もう、これ以上の無責任は許されないと思いますから…先を見越しての投票をするべきだと思います。

それにしても、こんなにも国民の気持ちとの間に大きな溝をつくってしまった政権が嘗てあったでしょうか?

投票率の低下などまるで気にしない安倍政権に対しては、~~行け行けドンドン~~で、したい放題のことをさせてはいけないと思っている私です。

立候補を目指す国会議員の方々には国民が安心して暮らせて平和国家で在り続ける為の政治を真剣に考えてほしいと望むばかりです。

今回の選挙は、出来るだけ信じられる人物評価で貴重な1票を投じたいと考えている私なのですが…

今日のガンディーの言葉「真実に奉仕している人こそ、良い家長である。」

投稿者 jizai3 : 2014年12月 1日 11:55

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)