« 地域パワーの源になりうる高齢者の力… | メイン | 「絶対」という言葉の軽さに… »

2015年4月29日

一足跳びの季節の変化に戸惑いを感じながら…

春を飛び越えてしまったような陽気に戸惑いを感じていますが…ネパールの大地震や、国内で起きる凶悪事件など…今年は年明けからいろいろな出来事が次々に発生して、私たちは大きな不安を感じる中で5月を迎えようとしています。

それにしても、国会での審議も待たないままに積極的平和主義を掲げ歴史的な一歩となるような位置づけで日米同盟強化を打ち出した安倍政権の危うさが心配でならない私です。

新たな「安保法制」を巡る与党合意がなされたようですが…本当に平和国家を守り通してきた日本の在り方がこのような合意で良いのでしょうか?

来月から行われる国会では、国民の思いを汲んだ話し合いが十分に行われることを心から望んでいますが…拡大解釈憲法の下に自衛隊派遣ありきで話が進むことだけはしてほしくないと思っています。

頼みの綱の公明党も自民党に組み入れられてしまったようで…時の政権が我が国に重要な影響を与える事態であると解釈をすれば、公明党の主張する恒久法に限定して国会の事前承認を得るという解釈もなし崩し的になってしまいそうですし…何とも不安を感じるばかりです。

軍事力を抑えた国際貢献が日本にはふさわしいと思いますし、戦後70年間どこの国とも戦わずに生きてきた国民であることにもっと誇りを持ってほしいと願っているのですが…

一強多弱の安倍政権が、益々前のめりになっているように見えて仕方ない私ですが…民意の現われ・国民の代表者の集まりである国会審議が慎重に行われ、尚且つ平和であることの大切さを一番に考えられる5月国会になるように願うばかりです。

ガンディーの言葉「外面的に清純であることが本当であったとするならば、心の中も清純であることが本当である。我々の隣人が心の中で不清純であれば、又、それは我々にも影響するだろう。」「人間は自己の本性を実感し、本性を静見し、その徳目に従うようになって立ち上がる。反対の行動パターンは自己の下降に引きずられる。」

投稿者 jizai3 : 2015年4月29日 13:30

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)