« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月17日

「絶対」という言葉の軽さに…

日本の安全保障が大きく変わろうとしている様子に日本国民の一人として大きな不安を感じています。

日本が、平和を愛する非戦大国としての立場を捨てようとしていることに何とかStopをかけることが出来ないのかと本気で案じている私ですが…私たちの周りにいらっしゃる方たちもとても心配をしています。

先日の夕方の会見で、安倍首相は「アメリカの戦争に巻き込まれることは絶対にない!」と言い切りましたが…私には、どなたの言う絶対よりも今回の安倍首相の使った「絶対」が軽く聞こえたことはありませんでした。

最近の安倍首相の顔は、とても変ったように見えます。(とても個人的なことを言って申し訳ないのですが…私には悪代官の顔つきに見えて仕方ないのです)

憲法改正しないで解釈憲法だけで、こんなにも大きく舵を切るなんて…安倍首相には、9条の精神をないがしろにしているという後ろめたさはないのでしょうか?

せめて、国民の代表者の集まりである国会審議の中で、夏までなどと期限を切らずに十分に議論をしてほしいと願っている私です。

自衛隊の武力行使が拡大しないように、国民の戦争リスクが大きくならないようにと、私たち一人一人が見張っているしかないように思えますが…一人の人間の力が微力だなんて諦めず、決して騙されないように厳しく注視し、この国会で政府が打ち出す「安全保障関連法案」を全面撤回するように祈るばかりです。そして、この祈りが通じますようにと願うばかりです。

今日のガンディーの言葉「自分の欲望を限りなく持ち出すことは、罪深い事である。」「暴力的な行動には限界があり、そして、失敗する。非暴力は限界もないし失敗することは決してありません。」「心の中の強さは祈りによって強くなる。」

投稿者 jizai3 : 16:01 | コメント (0)