« 大自然の力を思い知らされて… | メイン | 大崎市松山地域・文化丁区開催の「敬老お祝いの会」 »

2015年9月19日

きれいな秋空が…

大崎市松山地域に広がったきれいな秋空です。

空が一段と高くなったようで…秋晴れという言葉が似合う朝になりました。

今日はお隣の大崎市立松山小学校の校庭では子どもたちの野球大会が行われていて…親子応援団の賑やかな声が飛び交っています。

スポーツにはピッタリのスポーツ日和となっています。

ところで、あれ程の反対の声があがる中で安保関連法案は成立してしまったようです。

憲法で認められていない集団的自衛権を振りかざし、時間をかけたという審議が何度も中断してしまうような良識の府で行われた議論に充実性があったとは到底思えないのですが…朝の新聞は、一斉に「安保関連法案成立!」と報じています。

私も何回も騒然とする議場の様子をTVで見たのですが…いつ可決されたのかも解らないような議場騒然の様子から見て、この採決は無効になるのではないかしらと思ったくらいでした。

議場の騒ぎの中で「安保関連法案は可決されました」という明確な議長の言葉は聞きとれなかったと思います。

戦後の政策大転換重要問題を一内閣だけで強引に決めてしまって本当に良いのでしょうか。

野党も成立阻止へ向けてだいぶ頑張った様子でしたが…一強の強さは想像以上だったようで、だいぶ抵抗はしたのですがいずれも与党の反対多数で否決されてしまいました。

もはや安倍さんの暴走を止める人はどこにも見当たらないようですが、主権在民をないがしろにしたトップがいつまでものうのうとしていられるはずは無いと私は思っています。

今の日本には、今回の安保法案反対運動で目覚めた人は首相の想像以上に多いはずですから…

それに、憲法以上のことをやろうとする為政者を選んだという意識を私たち国民は誰も持っていなかったのですから。

私の気持ちは許せないでいっぱいに膨れ上がっています。

国民の代表者である国会議員一人一人に「本当にこれで良いのですか?」と、聞きたい気持ちの私です。

今日のガンディーの言葉「中途半端な仕事は、半焼きのパンと似ている。投げ捨てられる運命にふさわしい。」

投稿者 jizai3 : 2015年9月19日 11:22

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)