« きれいな秋空が… | メイン | 中秋の名月には松山出身の民謡歌手及川清三さんがコスモス祭り歌謡ショーに! »

2015年9月21日

大崎市松山地域・文化丁区開催の「敬老お祝いの会」

Blog写真は今日午前11時から「自在窯&ギャラリ」で開催された大崎市松山地域・文化丁区「敬老お祝い会」の様子です。

はじめに文化丁老人会の門間会長が挨拶をしましたが…10年前と比較しますと文化丁区でも10世帯くらい世帯数が減少しているそうです。

現在の文化丁には45世帯の人々が暮らしているそうです。

門間会長は「隣近所の絆を大切にしてこれからも皆で助け合って日々の暮らしをして行きましょう。」と言い「困ったことがある時には気軽に話し合うようにして行きましょう。」と、開会の挨拶をしました。

続いてご来賓として出席をして下さった及川民生委員さんが「このようなおめでたい地域行事に参加することを嬉しく思います。お元気そうな皆さんのお顔を拝見出来て大変嬉しいです。これからの良い季節・実りの秋を楽しんで、ますます充実した日々をお過ごし願います。」と、祝辞を述べて下さいました。

その後には市長からのメッセージ伝達があり、議員さんからのお祝いメッセージが読まれ、米寿をお迎えになったお二人に記念品が贈呈され…敬老者を代表して主人の同級生の森さん(80歳)が、南アフリカを倒した日本ラグビーの快挙の話をしながら、行政区単位で行うようになった敬老会の現状を語りながらお祝いの年齢が引き上がってしまったことを良しとするのかと問いかけながらも、今日のように参加率50%で開催する行政区単位で行う敬老会の身近な良さを認める話をして、お祝いをしてくれたことに対する感謝の言葉を述べましたが…さらなる希望としては敬老の日だけの一日だけじゃなく1年を通して私たちを大切にしてもらう事が出来たならばもっともっと嬉しいです。」と本音を言いましたが…「贅沢、贅沢」と、いう声も上がって…大笑いでした。

その後は、いつものように文化丁恒例の「ビンゴゲーム」をしてから、川尻副会長の音頭で乾杯をし、美味しい割烹「江戸川」のお弁当を戴きながら懇親会に入り…終始、和やかムードでとても良い時間が流れました。

77歳で今回初めて「文化丁区老人会」へお仲間入りをしたよしゑさんが、おめでたい歌「鶴と亀」をカラオケで披露してから…皆も次々に唄い出してフランク永井の故郷の敬老会はますます盛り上がりました。

歌あり、ゲームあり、踊りありの「文化丁区老人会」は、とても活発で参加最高齢者のハル子さん(89歳)が門間会長とデュエットする「大利根月夜」「旅姿三人男」は最高でした。

お手伝いをする地域の人々も和気藹々で…充実した時間はとても有意義なものでした。

地域の絆の大切さを感じる一日となりました。

今日は区長さんご夫妻に不幸があり参加することが出来ずに残念でしたが…文化丁区の役員さんたちの見事な協力体制で「敬老をお祝いする会」は盛会裏のうちに散会となりました。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 2015年9月21日 18:57

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)