« 年末を目前にして受けた消防の立ち入り検査 | メイン | 祝日の朝に聴いた「フランクのクリスマス」 »

2015年12月22日

ゆず湯に入るアルパカ…今日は冬至!

今日は冬至

1年の中で最も昼の時間が短いのが冬至
今日は、一段と冷え込みが強くなる12月22日です。

でも、良く考えてみれば、今日が一番昼の時間が短いということは…明日から、冬至を過ぎると昼間の時間が少しずつ長くなって行くことになりますから…良い事に繋がるかもと思いながら、今朝のTV報道で、ゆず湯に気持ちよさそうにつかり、目を細めるアルパカの表情がとても明るく見えてしまった私です。

冬至になると子供の頃は「冬至かぼちゃ」を食べさせられ、母から「冬至かぼちゃを食べると風邪をひかないでこの冬を乗り切れるから...」と言われたものでした。
でも、その頃には温泉に入るアルパカの姿などは見たこともありませんでしたが…

フィギュアスケートの羽生結弦選手が大活躍した今年はゆずの付く食べ物が大流行のようです。
私も最近は、毎晩「はちみつ入りのゆず湯」を飲んでいます。(喉の調子がすこぶる良いようです)

ゆずの香りはとてもいいですネ!

とても爽やかで、スッキリ気分になってしまいます。
この寒い時期、身体に融通を持たせるようにとの意味合いを持って「ゆず」という言葉が使われたのだそうですが…本当に寒い時期の融通の利く身体つくりは大切なことだと思った私でした。

日中のガラス越しの陽射しは心地よく暖かですが…外では強い風が吹き "ピュー ピュー"と呻り音が聞こえてきます。

宮城県では明日から冬休みに入り、来年1月8日から学校が始まります。(自在窯&ギャラリーも2016年1月8日・金曜日からStartします)

学校の第二学期終業式では、新年を迎える度に「冬休みにはお家のお手伝いをしましょうね」と、よく言われたものでしたが…今日の昼のニュースで、或る小学校の校長先生が生徒たちに向かってあの頃と同じように「冬休みにはお家のお手伝いをして下さいね」と話していましたので…可笑しくなってしまった私です。

それから、先日のJK-Blogのなかで、バドミントンで活躍中の佐藤冴香さんのことを紹介しましたが…今朝の河北新報社は、バドミントンのメキシコシティー・グランプリで宮城出身の佐藤冴香さんが2-0で優勝した(国際大会女子単)と伝えました。又、女子ダブルスもタイのペアに勝ったそうです。
昨日は「文化丁カラオケ会」があって、よしゑおばあさんはメキシコで頑張っている孫・冴香さんのことをとても案じていましたが…今朝のおめでとう℡で話す声は明るく弾んでいました。

それにしても、この寒い時期の嬉しいお知らせは本当に嬉しいものですね!

今日のガンディーの言葉「もしも、関連性がなければ重要性のあることであってもその重要性を失います。どんな小さな事であっても、関連性のあることは重要性なのだということです。」

投稿者 jizai3 : 2015年12月22日 13:04

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)