« 疑問を感じる公金の使われ方… | メイン | 「生オケで歌うフランクまつり」を開催して »

2016年4月20日

甚大な地震被害に胸を痛めて…

依然続く余震にぐっすりと眠ることの出来ない大勢の方々のことを考えますと本当に胸が痛みます。

先日、ギャラリーにいらしたお客様は…1年前に奥様を亡くされて今はお一人で生活をしているそうですが…この度の熊本で起きた地震の映像がテレビで流される度に涙が出てしまい…「食欲が無くなって胸が痛くなる。一人でテレビを見るのが本当に辛くて…なるべくテレビを見ないようにしている。妻がいなくなってからの淋しさは想像以上だ!」と、お辛そうに話して下さいました。

本当に被災をされた方のことを考えますと…何と言って良いのか分かりません。

私たちも東日本大震災を経験していますが…あの時の地震の恐怖は大きくて、少し揺れただけでもその度に大きな恐怖感に包まれました。

しかし、現在の揺れは、少しばかりでなく、大きな揺れがまだ収まることなく続いているのですから…本当に恐怖だと思います。

どのくらい経てば、日常生活を送れるようになるのか?どこで暮らすことになるのか?この先どうなるのか?…不安ばかりが膨らんでしまうのではないかと思います。

再三襲う強い余震に対する苛立ちのストレスは計り知れないと思います。

映像で見る、歴史ある熊本のシンボル・熊本城の悲しい姿には私も涙が出てしまいました。

でも、どんなことにあっても負けないで強く生き抜いてほしいと願っています。

大災難から人間が学ぶことは多々あると思いますが、同じものはないと思います。

初めて遭遇することが多過ぎるように思いますし、今回のように大きな余震が続いているケースも珍しいと思います。

全ては、余震が落ち着かない限り、ボランティアの人々が被災地入りすることも儘ならないと思いますが、人手不足は大きな問題だと思います。

人手不足は、懸命に働く人達のことも疲弊させてしまいますし、交替すら出来なくなると思います。

他県の人や、疲れていない人たちがサポート出来るような体制づくりを早くして、もうこれ以上、震災関連死で亡くなる人を出さないようにしてほしいと願うばかりです。

今日のガンディーの言葉「心の中の強さは祈りによって強くなる。」

投稿者 jizai3 : 2016年4月20日 12:31

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)