« 気持のよい季節を迎えて… | メイン | いろいろな発表会もたけなわで… »

2016年6月 1日

平気で公約を破り、断言した前言を覆そうとしている我が国の首相…

我が家の庭に咲いたきれいな白いガクアジサイは、今年も植物が誇る規則性を守って咲き誇っています。

今日、安倍首相は増税再延期へ向けての理由を国民へ説明するそうですが…ご自分が「消費税は必ず上げます。」と、強く断言した言葉を見事なほどに忘れてしまったとでもいうのでしょうか?

最近では、嘘をついても見破られなければよしとする政治家の言葉ほど軽いものはないと思っている私ですが、我々有権者は一人一人が聴く力を高め、見極める力をも高めなければいけないと思います。

今日も、安倍さんは力を入れて平気でを言うのでしょうね。~~しかも、もっともらしく~~

生まれたばかりの子にも、平気で借金を負わせ、どんどん借金を増やし、それでも財政出動に懸命になり…本当にこれで良いのでしょうか?

株価操作で経済成長が上手くいっているように見せかけたアベノミックスとやらは、約束通りに消費増税を実施することが出来なくなり…結局は失敗だったのだと思います。

伊勢志摩サミットでは、「世界経済は、リーマンショック前のような危機的状況にある。」と言い、世界のリーダーたちに向かい危機を煽っても安倍首相はNo,を突き付けられたのですから…世界のリーダーたちに安倍さん独自の脅かしは効かなかったようです。さて、安倍さんは、私たち国民へはどのように説明するつもりなのでしょうか?

日本のリーダーとして、発言の整合性をどのように国民に示すのかをしっかりと見極めたいと思っている私です。

それから、今日は午後1時から舛添要一東京都知事の所信表明が行われましたが、公私混同で信頼を失った都知事の声には元気もなく、書いてある文章をただ読み上げるだけで…きちんと顔を上げることもなく、少しも誠意は感じられませんでした。

ただ都知事の仕事だけはこれまで通り継続したいという気持だけは強かったように思いましたが…一度失った信頼を取り戻すことは容易ではないと思います。

政治資金規正法でこれまで裁かれた政治家はいませんし、今回の一連の出来事は法的には合法だという結果が出ることは目に見えていると思われます。(政治資金規正法は、以前からザル法と言われていますので、今の法律では違法にはならないのだと思います。)

参議院議員だった舛添氏は、多くの支出は政治資金で支払い、少額であっても塵も積もれば山となるの考えで…ひたすらご自分の蓄財に励み続けていたのだと思います。

都知事になってからのことについては「指摘されたことに関しては、これからは気を付けますので許して下さい。」という言葉だけで、終わらせようとしているように感じました。

本当に今の政治家の言動は、私たち国民に対しては大きな不信感を抱かせるだけのようで…大変残念ですし、とても悲しく思いますし、選択肢が限られている私たち日本国民はつくづく不幸だなと思ってしまいました。

どこかが間違っていて、正しくない方向へ政治が進もうとしているようで…奥深い不安に包まれているような気持ちになることは本当に辛く憂鬱な気分です。

今日のガンディーの言葉「自分の欲望を限りなく持ち出すことは罪深いことである。」「自己欺瞞の容量は驚くべきである。」

投稿者 jizai3 : 2016年6月 1日 14:13

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)