« いろいろな発表会もたけなわで… | メイン | 時間は貴重… »

2016年6月 7日

信頼を失ってしまった東京のトップの姿に…


爽やかな若葉の季節にとてもふさわしくない人の姿が、毎日何度もTVに映し出されています。

東京都知事・舛添要一氏は「厳しい第三者の審査を受けて...」と、言いながらも今回の出来事に不適切な支出はあるものの違法性はなかったという言葉に安心したのか「このまま都知事の仕事を継続したい!」という意向を示しました。都民が望んでいる辞職の二文字はまるっきり出てきませんでした。

政治資金規正法で裁かれた政治家はこれまで一人もいないのですから…やはり、舛添氏も例外ではないようです。

今の「政治資金規正法」を改めない限り、政治家たちにとっては、我々から見れば大いに非常識な使い道であっても領収書を添えてさえあれば政治活動として認められて、いつでも合法になるのだと思います。

舛添氏は、嘗て参議院議員でした。

「良識の府」というところに所属していた政治家です。

人一倍頭の良い舛添氏が公私混同をしてはいけないということを知らなかったとは思えません。
全ては良く解った上で行ってきたことだと思います。すなわち、彼は確信犯だと思います。
しかも、政治資金規正法では裁けず、法的には違法性はないと自信を持っての行為だったのだと思います。

政治家としてのモラルの低さにはただただ驚きですし、この方だけは「政治と金」の問題に対しては心配のいらない方だと信じていただけに…非常に残念だと感じた方は多かったと思います。

又、先日は、公約違反に対して「新しい判断」という、訳のわからない言葉で国民の信を問うと言った日本国のリーダーですが…今度の選挙は参議院選挙です。

この言葉をこのまま受け止めますと…まるで、トップリーダー自らが我が国の二院制を否定しているように聞こえます。

参議院はもう「良識の府」ではないとでも言うつもりなのでしょうか?

何の為に信を問うのでしょうか?

「公約違反の為」それとも「増税延期の為」~~今度の選挙では十代の有権者の声も聞くことになるのですが、せめてこれ以上、政治不信を深めるようなことだけはしてほしくないと願うばかりです~~

ですから、十代の有権者には、まともな大人の人の話に耳を傾けながら、内なる自分の声も聞き、自分の頭で良く考えて貴重な一票を投じる若者であってほしいと思います。

見習ってよい大人と、そうではない大人の生き方を自分自身の目で見極められるような人に成長してほしいと祈っている私です。

今日のガンディーの言葉「物質的なことに、もつれを残しながら、しかも尚、自己実現を熱望することは、月を求めている事に等しい。」「汽車を動かすのはホイッスルではない。しかし、動かす馬力はスチームの中で用意されている。」

投稿者 jizai3 : 2016年6月 7日 18:50

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)