« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月31日

当店の最高齢者のお客様が、NHKのど自慢決勝大会で唄って…

今日の自在窯は「NHKのど自慢」の放映が終わってから急に混み合いました。

私たちは、数人のお客様たちと一緒にTVを観ました。

皆様たちは、自宅でTVを観てからギャラリーに来て下さいました。「Y子さんの黒いドレス、ステキだったね!とても良かった!!」と話していました。

当店の最高齢者のお客様Y子さんが唄う順番になりますと…私たちは緊張感に包まれました。

Y子さんは、ピーンと背筋を伸ばして、いつものようにご当地ソング・美波京子さんの「雨の松島」を歌唱しました。
~94歳とは思えないような歌声でした~

TVが終わってしばらくしましたら…Y子さんから「お世話様でした。面白かったです。でも少し疲れました。」という℡が入りました。

上記のBlog写真は、ちょうど℡が入った時のギャラリーの様子です。

今日の客様たちは、のど自慢で歌唱した方の曲を唄ったり、いつもとは少し違う雰囲気で歌を楽しんでいらっしゃいましたが…歌を愛する方々の表情は穏やかでとても和やかでした。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 15:11 | コメント (0)

2016年7月18日

のど自慢の話で盛り上がりを見せる大崎管内…

大崎市では、現在、7月30日(土)NHKのど自慢予選、7月31日(日)NHKのど自慢決勝が開催される(大崎市田尻総合体育館)での話が大きな話題となっています。

「残念でした!」のハガキを受け取った人や、予選会のお知らせを受け取った人の話で盛り上がっています。

入場整理券をもらって大いに喜んでいる人達もいます。

全国版で放映されるNHKのど自慢の話題は尽きることなく…皆の楽しみとなっているようです。

予選のハガキを受け取った人は、1番の歌唱に大いに励んでます。

歌い終わると大きな拍手が沸き起こり…ギャラリーはとても温かい雰囲気に包まれます。

このところ、主人は車に乗車しようとして転倒し、骨折はしなかったものの歩行が困難で腰が痛いと言い、自宅療養中です。
私も右膝を痛めていたのですが、急に左足が痛くなり、点滴を5日間続けてやっと夜も熟睡出来るようになりましたが、少し無理をすると…痛みが増し、辛い日々を過ごしています。

当分の間、営業を休もうかとも思ったのですが…お客様たちは猛反対で、手伝うから続けてほしいということで…今は、お客様たちに助けられながら営業をしている状況です。

嘗ての私なら人に手伝ってもらってまで続けたりしなかったと思いますが…本当に今は皆さまたちに大いに助けてもらい、協力を得ながらの日々を送っています。

地域の皆さんの「お互い様だから…」という言葉に助けられ、そして、この言葉がとても温かく耳に入って来る今日この頃の私です。

フランク永井の故郷の気持のよい人たちに囲まれて…私たちはとても幸せを感じています。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 13:09 | コメント (0)

2016年7月 5日

私が投票の目安に考えていること

最近の私が投票の目安にしていることは、選挙公約ではなくなりました。

以前は、地域から配られてくる選挙公約をよく読んで出来るだけ自分の考えに近い人に1票を投じていたのですが…安倍政権になってからは、三党合意は首相の言う「新しい判断」という言葉で見事に誤魔化されてしまいますし、安倍さん自身が一番行いたいことには出来るだけ触れないでおいて、選挙後に手を付けるというやり方にはどうしても合点がゆきません。

それに、私はこれまでの安倍政権が行ったことの中で、一番許せないと思うことは、安保関連一括法案を強行採決でごり押しした時のことです。

何度も、映し出される映像を見ても、いつ決まったのかが全く解りませんでした。

廊下に出た委員長に記者が「決まったのですか?」と聞いたところ「決まりました。」と答えたので…決まったのだと思ったのです。

でも、本当にこれで良いのでしょうか?

これまでの自民党政権は集団的自衛権は日本国憲法により行使出来ないと言ってきたのですが、何故、安倍政権だけが憲法解釈で出来ると言うのでしょうか?

集団的自衛権を行使するという事は、これまで戦争放棄の日本が、世界へ向けて戦争の出来る国を目指すと言ったことと同じだと思います。

何の生産性もない悲惨な戦争を私は許すことは出来ません。

敗戦後、一度も戦わずしてこれまでやって来たことにもっと誇りを持つべきだと思います。

世界の中で、被爆国である日本だけは如何なる時でも戦わない国であると思わせる方が戦争への抑止力は高まると思います。

現政権が圧勝すれば、強引な国会審議が堂々と行われることになるのではないかと、今の私は大変に危惧しております。

国民からは白紙委任状を受け取ったと思い、安倍さんの暴走がますます過熱するのではないかと心配で堪らないのです。

人間社会には、皆がよりよく生きる為のバランスが重要だと思います。

一強多弱の姿はアンバランスです。

少ない選択肢ではありますが、私たち国民はそれでもよく考えて棄権することなく自分に与えられた権利を行使すべきと考えています。

強さには程の良い優しさを、弱さには少しの自信を…選ぶ私たちは、現政権がこの道をどんどん進むのが良いのか、ブレーキをかけてどんどん進ませないようにした方が良いのかを、よく考えて貴重な1票を投じるように心がけたいものだと思います。

特に憲法に関することは、まずは国民に選ばれた国会議員全員が十分に審議を尽くすことが何よりも大事なことだと思います。
国会議員の方々には国民の代表者であることに大きな誇りをもって頂きたいと願うばかりです。

投票日当日は、仕事がありますので期日前投票をと考えている私ですが…このところ体調不良で、動きが鈍くなっていますが…現政権がこれまでやって来たことを良く見極めて1票を投じたいと考えている私です。

今日のガンディーの言葉「心にあることは、遅かれ早かれ必ず出てくるにちがいない。」「人間は自己の本性を実感し、本性を静見し、その徳目に従うようになって立ち上がる。反対の行動パターンは自己の下降に引きずられる。」「もしも、関連性が無ければ重要性のあることであってもその重要性を失います。どんな小さな事であっても関連性のあることは重要性なのだという事です。」「人生が全ての時間帯で感知出来るよう、広く目を光らせていなければ、誰も、真実を見い出すことは決して出来ない。」「非暴力、真理とかは、自己が発光しなければならない。それらは他の方法では本物ではありえないからだ。」「立身出世の本当のしるしは、その人の優しさと成熟さの成長である。」

投稿者 jizai3 : 11:59 | コメント (0)