« 苦手な人との距離ある関係を構築するには… | メイン | 第8回「フランク永井歌コンクール」は素晴らしい歌コン日和に包まれて… »

2016年9月27日

地域の方々に助けられて…

主人が救急搬送されてから17日が経過しました。

あの時の主人は胸の痛みを訴え、顔面蒼白でした。

「お母さん、限界だ!」という言葉に私は大変慌てました。

救急車の到着が遅く感じましたが、駆け付けた救急隊員の方々は、すぐに血圧を測り、主人に問いかけ、胸に機器を取り付け、大崎市民病院のドクターにデーターを送りながら主人搬送してくれました。

大崎市民病院へ到着をしたのは午後4時頃で…午後8時近くに症状の説明を受け…入院が決まり…その後に病室で主人と逢いました。

苦しそうな表情が消えていつもの落ち着いた主人の顔に戻っていたので一安心でしたが…80歳になった高齢の主人の今度の入院生活は長引きそうな気配です。

年齢と共に、私に頼る気持ちも強くなっているようですが、どんな小さなことでも逐一報告を怠らない主人の態度にとても生真面目な主人の一面と、やや神経質になっている病人の主人を感じている私です。

病人特有の繊細さを感じながらも、出来るだけ穏やかな気持ちで毎日を過ごしてほしいと願っています。

毎日病室で顔を合わせている私ですが、主人の意外性を見い出して…驚いたり、もう主人のことは十二分に知り尽くしているつもりでも…新たなる発見に新鮮さを覚えたりもしています。

それでも、素直なところは相変わらずです。

私たちは、これまでも「人の命は有限で、寿命なら仕方ない」という考えで毎日の生活をしてきたつもりでおります。

これからも良い事も悪い事もしっかりと受け入れながら、一番良いと思われる生き方を探して生きて行きたいと思いますが…今回の出来事もそうですが、松山地域の人たちに支えてもらい、多くの親切を受けながら、本当に助けてもらいながらの入院生活の日々をおくっている状況です。

若い頃の自分とは大違いの私に、時々、我ながら戸惑うこともあるのですが…いつも優しいよしゑちゃんの「京ちゃん、お互い様だからね!」という言葉に甘えながら、支えられながらの日々をおくっている私たちです。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」「親切で寛大であることが(神そのもの)慈愛である。」

投稿者 jizai3 : 2016年9月27日 23:31

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)