« 1月19日「カラオケの日」を知って! | メイン | 自在窯の営業時間の変更について »

2017年2月14日

女性たちの柔軟さと頼もしさに触れて…

先日(2月9日)は、1か月遅れで「松山婦人会新年会」が開催されました。

新年会は午前11時開始でしたが…私の弟夫婦がお昼ごろに来て私たちは婦人会の方々のゲームなどを見ながら、いろいろな話などもしながら昼食を戴きました。

弟は私と2歳違いで、弟は2月1日に66歳の誕生日を迎えたばかりです。

ギャラリーに居た男性は弟一人でしたが...「女性たちは元気だね!羨ましいよ!!」と言いながら…ゲームなどに興じている女性たちを見つめていました。

義妹は「そうよ、女の人は単純なことで楽しめるから…気難しい事ばかり考えている複雑な気持ちを持つ男性たちには理解出来ないでしょうね!」と言っていました。

弟は「もう仕事も飽きたから、少しのんびりしたいと思うけど…有り余る毎日の時間を考えると、それも憂鬱で...」などと言っていました。

趣味は麻雀だそうですが…若い頃はクラシックギターを弾いたりもしていたのですが…「TVでもカラオケでも、音のうるささが気になって静かな環境じゃないと僕は落ち着かないんだ。」と言い、義妹は「時々音を全て消して字幕だけのTVを見ることもあるのよ。」と言っていました。

学生の頃…弟の友人たちが集まって来て隣の部屋でする麻雀をかき混ぜるガラガラという音がうるさくて、何度も文句を言ったことを思い出しましたが…あの音は気にならないのだろうかと思った私です。

「婦人会」のカラオケタイムは、昼食後でしたので弟たちとはゆっくりと話が出来ましたが…カラオケが始まりますと、弟は「元気な顔を見たから、もういいよね。そろそろ帰ろう...」と奥様を促しました。

私は帰り支度をする義妹に「今度は一人でおいでね。」と言って見送りました。

義妹は「男性は退職後に急に老け込んでしまう人が多いみたいね。変なプライドがあって、他人と打ち解けるのが苦手な人が多いから...」と言いながら、そう遠くない退職後の弟の日常を案じている様子でした。

よく見てみますと「自在窯」に集まって歌を楽しんでいる男性たちは皆気さくで偉ぶっている人はいないようです。

周りにいる女性たちとも気軽に会話を楽しみながら冗談などを言って、とても楽しそうに見えます。

お酒を飲んで歌う歌じゃなくて、お酒を飲まないで歌う歌のほうが好きな方たちばかりですから…私たちとより価値観が合うのかも知れませんね。

本来、女性たちは気の合うお友達とお茶のみをしたり、おしゃべりを楽しんだりすることが得意ですから、強いストレスなども上手くかわして適度な柔らかさと逞しさを兼ね備えて…益々頼もしい存在になるのだと思いました。

このような女性たちがいつも手を取り合って、仲良く元気に生きることが出来る世の中は平和で安心出来る社会なのだと信じている私なのですが…

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 2017年2月14日 12:48

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)