« 小さな戸惑い | メイン | 台風5号… »

2017年7月24日

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます。

東北地方(秋田県)にも大雨が降って、甚大な被害が出ています。

日本列島の自然災害の大きさは益々大きくなるばかりで...怖いです。

今日は朝からTVでは、国会において加計学園問題を巡る「閉会中審査」が行われています。

国会でも「言った 言わない」…もめているようです。

議員も、お役人も、私たち一般人も変わりないようですね。

人間の悪い面はいつでも、誰にでも共通しているようです。
まったく、都合の悪い話となると、いつでも「言った 言わない」が出てくるものです。

今後、重要な話をする時にはicレコーダーを携帯すべきだということなのでしょうね。

今日の安倍首相の答弁態度はこれまでとはだいぶ違うようで…声のトーンにも落ち着きが感じられます。

良い意味で、今後ますます安倍首相には国民を大いに怖がって頂きたいと願っている私です。

国民に信頼されない首相もお気の毒ですが、首相を信じられない国民だって大いに不幸なのですから…

社会全体が健全である為の基本が揺らいでいる原因は政治の劣化だと断言する人もいます。

政治主導の限界なども垣間見られますが…よくよく考えてみますと日本の官僚は優秀で...官僚主導だったからこそ、これまでの日本はあまりおかしくならずに済んできたのかなと思ったりしている私です。

政治主導になってから、急速におかしなことが増えてきているように思えるのですが。

日本が悲しい時代、軍がどんどん肥大化して大きな戦いに向かい多大な犠牲を払い、後悔しても後悔しても取り返しのつかない時代を送ったことがありました。

このような過ちは二度としてはならないのです。

恒久的に平和である為には、我が国は常に戦争のできない国であるべきだと思います。

間違った指導は人々をどん底に陥れ、不幸にします。

間違った政治は、必ず国民を不幸にするのですから...政治家の責務は大きいのです。

70年以上続いた日本の平和がほんものであったのは、日本国民が平和憲法のもとで平和であることを大切にして暮らしてきたからだと思います。

本日の国会中継も、日本が、今、平和であるからこそ起きたことなのかも知れませんが…平和であることの根幹が揺らぐことのないような政治をお願いしたいと願っています。

もしも「私の不徳の致すところ」という政治家としての自覚があるのであれば、今後は心を改め、徳を積んで人に温かい政治を行うように、早速、今日から務めてほしいと思います。

体調管理の大変な時期ですが。。。お互いにくれぐれも暑さに気を付けて乗り切っていきたいと思います。

今日のガンディーの言葉「人は自分の思う通りの人間である。」「我々は、心の中の光で照らされなければ、正しい事は何も行うことが出来ない。」「自己欺瞞の容量は驚くべきである。」

投稿者 jizai3 : 2017年7月24日 14:15

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)