平成15年6月 モナコ公国「モナココートダジュール国際芸術際」 出品

鶴首は昔からの伝統のある造形である。ほっそりとデリケートな形がポイントである。辰砂釉の赤い鶴首は、今回のモナココートダジュールのために制作をした。正直を言えば、海外で今回初めて粘土の制限を受けた作品である。

粘土が7`以内となると「主張」が難しくなる。そこで鶴首の制作となった。美術展への鶴首出品は初めての経験だったが、大変に東洋的との評価を受け、安堵する。個性的な赤い釉薬と細い鶴首のバランスに気をつけて窯に入れた。焼きあがった朝、珍しく躊躇した。

しかし、妻に「あら、素敵ね」と言われ、大変安心する。力強い作品が多い中で、少しだけ繊細な私を表現することが出来たかなと思う。

同年同月、仙台メディアテイクでの第29回東北現代工芸展へ出品した兄弟分の「辰砂鶴首」は平成15年 7 月宮城県北連続地震で破損する。
この作品に関しての感想があればお願いいたします。
下のメニューよりほかの作品もご覧になってみてください。


年度
作品名(クリックして各作品をご覧ください。)
1998〜2000 ●辰砂壺(3点セット) ●求煌 ●太古 ●豊穣 ●辰砂花器 ●ある決断
2001 ●壺中の天 ●回帰辰砂壺〜決断実行そして再生〜 ●飛沫 ●辰砂壺 ●分水嶺
2002 ●想 ●試行錯誤 ●赤富士辰砂壺 ●祈りの辰砂壺 ●変形辰砂壺 ●登高 ●回想
2003 ●雲海 ●寛容 ●恵沢 ●決断、そしてやすらぎ辰砂壺 ●再生 ●時間と空間 ●赤富士辰砂壺 映 ●蒼穹
●辰砂花器・趣 ●辰砂鶴首 ●萌芽 ●漲溢



自在窯&ギャラリー www.jizaikama.jp
小野寺重一 gallery@jizaikama.jp 〒987 - 1304 宮城県 大崎市松山千石字亀田 413-1
JIZAIKAMA & GALLERY 2004, All rights are reserved.